星座八十八夜 #51 オリオンの足下にいる「うさぎ座」

このエントリーをはてなブックマークに追加
冬の星座は、明るく目立つものが多いので、そちらの方ばかり注目されてしまいますが、この〈うさぎ座〉もほかの季節ならじゅうぶん目立つ星座です。

【2023年12月26日 アストロアーツ

星座八十八夜

「スマホで楽しむ星空入門」より抜粋)

見どころ

〈オリオン座〉の下から南の地平線の間に注目します。すると、オリオンを横倒しにして、三ツ星のまん中を抜いたような「エ」の字の形に並んだ星が見つかります。これが〈うさぎ座〉です。

うさぎ座

星座の起源

この星座は古代ギリシアの時代に設定されました。狩人で大男のオリオンと彼の猟犬に追われる獲物だとされています。アラビアでは、ジャウザーとよばれた〈オリオン座〉の「玉座」とよばれていました。目印のひしゃげた台形が足台を思わせ、しかも〈オリオン座〉のすぐ下(南)にあることからの発想でしょう。

星座の物語

古代ギリシアには、オリオンとウサギにまつわる詳しい神話は残っていません。

古代ローマで伝えられた話によれば、とある島にペットとしてウサギを持ち込んだところ、ウサギの数が増えすぎて田畑まで食い荒らすようになってしまいました。自分たちが食べるものもなくなってしまった人々はやっとの思いでウサギを島から追い払い、このことを忘れないように星座にしたといいます。

88星座の見所を紹介!「スマホで楽しむ星座入門」

「スマホで楽しむ星座入門」では、いつどのように見えるの?星座誕生の由来は?などを星座一つ一つについて紹介。星空観察の入門にピッタリな一冊です。神話のエピソードや星座どうしの意外なつながりなども見えてきますよ。デジタルアーティストKAGAYAの美しいイラストが誌面を彩ります。

スマホで楽しむ星空入門」では、星図アプリ「星空ナビ」とも連動。二次元コードをスマートフォンで読みとると、夜空の中で星座が見える方向を教えてくれる「ガイド機能」が使えます。見つけにくい星座も「星空ナビ」を使って、実際の夜空で探してみましょう!

スマホ星座入門

関連記事