AstroArts Topics

ヘッドライン

2023年 天文宇宙ゆく年くる年

2023/12/29
月を目指すアルテミス計画の進展やプラネタリウム100年など、様々な話題でにぎわった天文・宇宙分野の2023年を振り返ろう。来たる2024年の注目天文現象も紹介する。

2024年1月9日 細い月と金星が並ぶ

2023/12/29
2024年1月9日の未明から明け方、南東の低空で細い月と金星が並ぶ。

ハレー彗星に乾杯!藤井旭さんに感謝し阿部昭さんを励ます星の集い

連載・読み物
2023/12/28
12月9日にハレー彗星が遠日点を通過した。これを機に、1986年のハレー彗星を思い出しつつ、来るべき2061年の出現に思いを馳せる会合が開催され、天文愛好家や天文学者などが集結した。

2024年1月4日 しぶんぎ座流星群が極大

2023/12/28
2024年1月4日、三大流星群の一つに数えられるしぶんぎ座流星群の活動が極大となる。1月4日の深夜から5日の未明が見ごろ。

小型月着陸実証機SLIM、月周回軌道に

2023/12/27
小型月着陸実証機「SLIM」が12月25日、月周回軌道に投入された。来年1月20日に月面へのピンポイント着陸へ挑む。

銀河の形状と分布で検証する初期宇宙のゆらぎ

2023/12/27
100万個の銀河の形状と空間分布の同時解析から、1億光年以上離れた2つの銀河の形状にインフレーション理論が予言する相関が見つかった。宇宙全体の構造形成の種となった「原始ゆらぎ」の性質に制限を与える研究成果だ。

【天文学の基礎知識】星座の見どころや神話を紹介する「星座八十八夜」

連載・読み物
2023/12/27
Web連載「星座八十八夜」をまとめたページを公開しました。88個ある星座たちを季節や見える場所で6カテゴリに分類して紹介します。

「ステラショット3」3.0bアップデータ公開 新たに9機種のカメラに対応

2023/12/26
天体撮影ソフトウェア「ステラショット3」をアップデートする「3.0bアップデータ」を公開しました。新たにニコン Z8 / Z9、キヤノン EOS R シリーズ / EOS Kiss X10にも対応。また、多くの不具合修正・改良を行っています。

星座八十八夜 #51 オリオンの足下にいる「うさぎ座」

連載・読み物
2023/12/26
冬の星座は、明るく目立つものが多いので、そちらの方ばかり注目されてしまいますが、この〈うさぎ座〉もほかの季節ならじゅうぶん目立つ星座です。

タンパク質構成アミノ酸が一部の天体グループだけに豊富に存在する理由

2023/12/25
タンパク質構成アミノ酸を分解する新たな水質化学反応が解明された。一部の天体グループだけでタンパク質構成アミノ酸が多く、小惑星リュウグウの試料などでは非タンパク質構成アミノ酸が豊富である理由を説明しうる成果だ。

星空案内 毎月の天文現象や星座を解説

初期宇宙にも存在したクエーサー直前段階の天体「ブルドッグ」

2023/12/22
すばる望遠鏡の観測から、クエーサーの直前段階で塵を吹き飛ばしている天体「ブルドッグ」が見つかった。さらにJWSTの観測で初期宇宙に見つかった極めて赤い天体もブルドッグらしいことがわかった。

星座八十八夜 #50 星座界の超有名人「オリオン座」

連載・読み物
2023/12/22
誰でも名前を知っていて、そして実際に星空で見つけ出すことのできる星座といったら、〈オリオン座〉をおいてほかには見当たらないでしょう。しかしモデルになった狩人オリオンは、意外と人気がなかったようです。

2024年1月1日 初日の出

2023/12/22
一年の始まりの朝、初日の出。夜空を見上げることが多い天文ファンも、この日ばかりは日の出を待ってみよう。

2024年1月の星空ガイド

2023/12/22
主な現象/金星(未明~明け方)、木星(夕方~未明)、土星(夕方~宵)/1日:初日の出/4日:しぶんぎ座流星群が極大/9日明け方:細い月と金星が並ぶ/12日:水星が西方最大離角/14日:細い月と土星が接近/18日:月と木星が接近/28日ごろ明け方:水星と火星が大接近

惑星分光観測衛星「ひさき」運用を終了

2023/12/20
10年以上にわたり観測を行ってきた日本の惑星分光観測衛星「ひさき」の観測運用が終了した。

こだわり天文書評『賢治と「星」を見る』など6冊

連載・読み物
2023/12/20
星ナビ2023年12月号「ほんナビ」の『アンドロメダの涙』『賢治と「星」を見る』など6冊のレビューを公開。

金星の赤道ジェットの生成・変動メカニズムを解明

2023/12/19
探査機「あかつき」が発見した金星「赤道ジェット」の生成・変動メカニズムについて、数値シミュレーションによる研究成果が発表された。地球には存在しない様々なタイプの惑星規模波が金星に存在することを示唆する結果が得られている。

星座八十八夜 #49 小熊の反対側にはキリン「きりん座」

連載・読み物
2023/12/19
冬の北極星の真上に、逆さまになったキリンの星座があります。

初期宇宙の銀河に予想以上に多く窒素が存在

2023/12/18
129億年から134億年前の宇宙に、炭素や酸素に対する窒素の比率が天の川銀河の3倍以上もある銀河が発見された。従来の理論では説明できず、超新星爆発以外の元素供給メカニズムがあるのかもしれないという。

宇宙線電子の高エネルギースペクトルに、ほ座超新星残骸が大きく寄与

2023/12/18
国際宇宙ステーションの「きぼう」日本実験棟の宇宙線電子望遠鏡「CALET」が、7.5TeVに至る宇宙線電子のエネルギースペクトル測定に成功した。高エネルギー領域では電子加速源候補として「ほ座超新星残骸」の寄与が大きい可能性が示唆されている。